2015年5月10日日曜日

「もりのへなそうる」

5月3日、新宿にあるプーク人形劇場の公演「もりのへなそうる」を見て来ました。
「徹子のお家」の今年の演目をずっと考えておりました。2年前から「赤い蝋燭と人魚」を考え手、心の中で準備しておりましたが、だんだん 今この演目をやることに心がついて行かなくなりましたので、別の明るい物を考えておりました。
 そこで、「ブレーメンの・・・」そのままのストーリーではなく,色々考えておりました。しかし、人形をどのように作るか?
この2ヶ月庭仕事をしながら、お手伝いはしないけれど,常に目の前に座って作業の監視(邪魔することも多い)している徹子(黒いラブラドール)のような人形を作るは???

これまでの人形はほとんど人間だったので(不思議の国のアリス以外はね)あまり、動物の動きを意識せずに作って来たわけです。犬・猫・ニワトリ・ロバをどのように作か?と行き詰まって居たところに山村えなみさんから「もりのへなそうる}のお誘いを受けたので、飛びついて(笑)出来るだけ早く見たいと思い、連休のまっただ中に電車に飛び乗りました。連休中にお出かけなんて,ここ何十年もしたことない。混み合うところへは行かない、暑いところへは行かない,と言う方針を捨て、行って参りました。





へなそうる

 「へなそうる」を作られたのは山村えなみさんの娘「りんさん」です。現在はブルガリアで人形制作・俳優・企画などを手がけていらっしゃいます。まだ直接お会いしたことはありませんが、ブルガリアに行って見たいな・・・・