2014年3月16日日曜日

3月2日の公演御報告

皆さんお久しぶりです
3月2日砂押町での人形劇公演はとても楽しく、新たな挑戦が出来た一日でした。
急遽前日お客さんが増えて、一回では入り切らないので二回やることになりました。
そこで、2パターンのメンバーで公演。
 1回目
   Rinta・アサノラク・伊藤香菜子・モコ・Chirin.
  そして標準語の婆さん垂石洋子
2回目
  慎・アサノラク・スミレ・モコ・Chirin
そして訛っている婆さん野澤初恵

今回の公園の面白さ
1回目は割と小さ子供さんが多かったのですが、お話も通じたようで、楽しんでいただけました。
2回目の訛りバージョンは、私たちにおにぎりを作っていてくださったお婆ちゃんがリハーサルを見ながら盛り上がり、人形に声をかけたりすごく楽しんでくださったので、
イヤーーーこれは一回目の公演よりも反響があるのでは?とワクワクしながら開始しました。

ところがどっこい、反応がいまいち?でも、泥棒が登場したらいつものように楽しんでくださいました。

何故???
 お婆ちゃんにはうけた、しかし若い家族にはそれほどでも?
あまりにも訛りが強すぎて(笑)外国語のように聞こえたのかも。

そして、みんなで大移動。
午後五時から多賀城のトレーラーハウス「じゅげむ」で本日三回目の公演を行いました。
こちらのお客様はお子様2名、大人38名
つまり、昔の若人がほとんどでした。
そしたら訛りバージョン、はじめから大受け!
あとはご想像通り?
申し訳なかったのは、前に子供の座席などにしても全員が大人でしたので人形が見えづらく、立ってご覧になる方もいらっしゃり、申し訳ありませんでした。
次回は工夫いたします。

それにしても一日で三公演は大変だった!
でも、、出演者は楽しめました。

おいで下さった皆さま、ありがとうございました。次回、もっとバージョンアップします。お楽しみに!