2017年12月31日日曜日

次の公演

2018年 5月5日(土)
「徹子のお家」公演
久し振りに
「魔法のヴァイオリン」をやります
    ゲストは ヴァイオリニストの小池まどかさん

これから、キャストを決めますが
やりたいやりたい!!と言っている子どもがいるのです。

今度はしっかりとダブルキャストにします。
それも、大人と子どもでのダブルキャスト。


「魔法のヴァイオリン」は5人でもできるのですが
人形を動かす以外の出演も多いのです。

ねらいは
子ども病院や,小松島子どもの家、ありのまま舎などの平日公演を実現させるためには
子ども達に頼っていると日程が決められないと言うことが多いのです。

それもあるし、人形遣いをお互いに客観的に見られるように
と言うことで
ダブルキャスト
子どもには負けてしまうかもしれませんが
そこは
大人の技術、演技で負けないように

そんな決意
来年に向けて がんばろう!!

もう一つの企画

「受難劇」をやろう!!と思っています。
87才の深田寛先生とともに
新しく人形も、台本も
ですから、1年で出来上がるかどうか解りませんが

ここに書くと、前に進むしかない
と,来年の抱負を書いた次第です。

今年は,本当にありがとうございました。
「徹子のお家」にお出でいただき感謝でございました。

2017年12月27日水曜日

楽屋裏


メンバーは
  超仲良し!!
演じていないときは、楽屋裏で遊んでいることもあります。
練習の時は出番を忘れて???
でも本番の時はは忘れません。

子ども好きの子ども達、
今回はピアニストの朋子先生が,家のご都合で,どうしても23日の公演だけ別のピアニストを捜さなければなりませんでした。

色々手を回しながら
この人形劇に,なじんで
適当に合わせてくれる
器用なピアニスト???

近場の知りあい2人にあたりましたが
12月23日は本番

遠く、静岡の理香ちゃんにもアタック
でも、本番

そこで、横浜の
オルガニストの香織ちゃん。
17日にコンサート終了し、来てくれると!!!
実は11月末に新潟の長岡教会で,私と真衣さんと香織さんの3人で
クリスマスコンサートをしました。
その時に人形劇「ブレーメンの音楽隊」の場面をちょこちょこ
と、やっていたので
快く引き受けていただけました
無茶振りする鈴木優子を充分に分かった上で
快くお引き受けいただき
本当に感謝。

当日は娘の元瑚ちゃんもいっしょ
みんなにかわいがられ
ご機嫌でした。

私たちの課題

楽くんと初恵さん、そして、パンチネロ役のルツ子さんは2011年開始からのメンバー
真衣さんは昨年、フランスの留学から帰ってきてからの参加
とても、絡み合いも上手くなって,台本にないこともドンドン面白く膨らまして演じてくれるようになりました。


6年目の今回、人形使いの伊藤哲さんにご出演いただいた事は,すごい刺激になりました。
人形劇は,人間が演技するよりもオーバーにやってなんぼの世界。と、つくづく感じる事が出来ました。

真衣さんは自分がオペラを演ずるときとはきっと違う風に(オペラは見たことない)、オーバーに魅力的に動きます。
楽君は自分はクールに表情をかえずに、しかし、大胆に村長を活き活きと動かしています。
村長夫人役の初恵さんも好演。おまけに初恵さんも好演(笑)
子ども達を指導しながら、大人達も,自分を振り返りつつ、人形扱いが上手くなりつつある今日この頃でした。
 哲さんには4羽の白鳥とサッカーのリフティングを新しく演じて貰いました。
4羽の白鳥は人間バレエダンサーが踊るのとはちがう、人形でしかできない踊りの振りもあり、関心。
泥棒子分でいつも出演の間の抜けた人形が、リフティングをやりました。

やっぱり、人形の動きは大事!!!
と.今後の課題をしっかり分かることのできた公演でした。

2017年12月26日火曜日

子ども達の活躍

昨日は正太君のど根性を書きましたが
本日は今回、大化けした陽向ちゃんについて。

人形劇の配役は演目が初めにきまります。
その次に、演奏家とメインの役柄のかたの日程調整をします。
メンバーに参加の有無を聞き、台本を送付します。

どの役をしたいかを考えながら台本読みの準備をして第1回の集まり。
第2希望まで決めてきて、読み合わせ
そこで、キャストを決定。

1ヶ月後、それぞれの役で台本読み、
次回まで人形を持ちながら本読みするので、台本を暗記して会話出来るようにしてくる
その後、全員そろわなくとも、パート練習で、動きを付けていき
総練習は2回ほど
そして、本番

と言うのが、「徹子のお家」の練習形態です。
毎週、1回というのではなく、公演に向けて集中練習しております。

メンバーは総勢で15名ほど。
次の公演には新人が2人ほど入るかもしれません。

話は戻って
今回、ルシア役を演じた陽向ちゃんは2回目の出演。小学3年生。
正太くんと同じ学年です。
初め、台本がすらすら言えず、早口で間違えないようにとがんばると、1本調子になり
人形は提灯を持っている、と言う状況でした。
私は、暇な人生ですので、彼女の時間がある度に、家に来て貰い、個人練習したり。
全体の流れの中では、ルシアが登場する場面を多く練習しました。
お陰様で、皆が濃い練習をする事が出来ました。
大人のメンバーだけだと、本人の「今度までがんばってきます。」と言う言葉で流すのですが。子どもは、付き合っていっしょにやらないかぎりまだできません。

陽向のルシア・正太のミッキー・悠生のダニー

今回は23,24日と立て続けに4公演でした。
陽向ちゃんは23日は上手にできて、家族からも褒められ良かったな。
ところが
24日は、驚くほど変身
まるで、ルシアが陽向ちゃんになったように
何時もみんなと遊んでいるときのような明るい陽向ちゃんに 
ルシアが変身!! 



メンバーが皆驚いて、今日のルシアは、特に良かった、良かったと声を掛けまくり(笑)

大人だけだと、こういうムードには中々成りにくい。
これが年の差80才のメンバーの良さ。
素直に声に出して褒めたり、アドヴァイスしたりできる。
もちろん、子ども同士でも、意見を言っている。
良い雰囲気(笑)

2017年12月25日月曜日

クリスマス公演終了

12月23日「徹子のお家」2回 24日砂押「人形の家」2回
   両公演 満員御礼
おいで下さった皆様、
     ありがとうございました。
7才から87才まで、全員無事に出演する事が出来ました。
インフルが蔓延する今日この頃
お客様は3組。インフル又は風邪で当日キャンセルが出ましたが
午前に見に来て下さった方が、ぜひお友達にも見せたい!!
と、急遽キャンセルになった分の穴埋めも(笑)してくださり。
まんいんおんれいとなりました。

お客様ばかりではなく
実は、正太くんが前日のりハーサルの時に、38度の熱を出しました。
リハーサルではミッキーの役を他のメンバーがダブルで役をこなし、
始まりのご挨拶は、あいちゃんが1人で出来る洋に頑張り、皆で
万が一の対応を準備しました。

幸い、当日は熱が多少下がり、本人が出る!
と言う気持ちでしたので、23日はお昼ご飯も帰宅して、静かに過ごし.午後の本番もこなしました。24日の砂押公演にも出演できました。
保護者がいなくとも、お昼ご飯は1人で小部屋で昼食をとり、常にマスクをし、待ち時間は何時ものように走り回らず。大きなテーブルの下に置いてあったトーンチャイムのケースの脇で、静かに寝てエネルギーを温存しておりました。
驚くべきプロ根性!!
最後の公演までしっかりこなし、子どものど根性を見せてくれました。
続きは又明日。



2017年12月19日火曜日

12月23日予約受け付け終了

うれしい事に、予約完売となりました(12月19日現在)
多少ぎゅうぎゅう詰めですが、冬なのでご容赦ください。

駐車場には番号が振られておりますので、ご注意の上、お停めください。
お身体の不自由な方は、家のすぐ前の駐車場に駐められるように致しますので、必ず事前に御連絡下さい。

お待ちしております。

2017年12月14日木曜日

今度の見所

23日予約状況(12月14日現在)
  11時 予約終了  14時 残り10席

12月23日(徹子のお家公演)と24日(砂押超公演)の2日間で4公演を行います。
人形製作者エリ(生人間)の役はこれまでも深田寛先生(87才)と垂石洋子さん(82才)がやっております。
そこに新たに若手仁さん(50才)がデビュー致します。
3人の持ち味が本当にそれぞれで、面白いです。
練習が楽しいです。

何せ、暮れの冬ですので、どこで何が起こるか分からない。

インフルエンザの猛威に負けずに、本番を迎えたいとみんながんばっております。
一応、ダブルキャストを組んで準備万端!!

人数の多いメンバーです。13名かな?

ピアニストも今回は後藤香織さんにも手伝って貰います。

組み合わせが変わると、新たな面白さが出ます。